映画『スリー・ビルボード』あらすじ、キャスト、作品情報

あらすじ

舞台は架空の田舎町であるミズーリ州エビング。 アンジェラ・ヘイズという名前のティーンエイジャーがレイプされた後に焼かれて殺害されるという凄惨な事件が発生した。それから7ヶ月が経過した後も、母親のミルドレッド・ヘイズは娘を奪われた悲しみから立ち直れずにいた。女手一つで育ててきた娘の死は何よりも耐え難いものであった。しかし、時が経つにつれて、ミルドレッドは犯人の手掛かりを何一つ発見できない警察に不信感を抱くようになった。それはやがて警察への怒りへと変化していった。そこで、ミルドレッドは町はずれの道路沿いの殺害現場に立つ3枚の広告板(スリー・ビルボード)を借り受け、そこに「娘はレイプされて焼き殺された」「未だに犯人が捕まらない」「どうして、ウィロビー署長?」というメッセージを張り出した。ウィロビー署長を敬愛してきたエビングの住民たち、そして息子のロビーまでも、ミルドレッドの行動に憤慨した。特に、レイシストとして悪名高い警官のジェイソン・ディクソンは腹の中で怒りを煮えたぎらせていた。広告板の設置が原因で、ミルドレッドと息子のロビーは住民たちから嫌がらせを受けることとなったが、ミルドレッドはそれを意に介さなかった。孤立無援の一家を支えていたのは、アンジェラの無念を晴らしたいという思いであった。ウィロビーは町民から慕われる人格者であり、ミルドレッドの苦境に同情的ではあったが、それでもなお広告板の設置は自身への不当な人格攻撃だと考えていた。ミルドレッドに自分は膵臓癌の末期症状であり余命少ないことを告白するが、彼女はそれを既に知った上で広告板を設置したと返答。一方、ディクソンはミルドレッドの行動を警察官である自分への敬意を著しく欠いた振る舞いであると見なしていたため、何としてでも屈服させてやると決意し、ミルドレッドに広告板を貸した広告会社社長のレッドを脅迫した。その後、ミルドレッドの友人であるデニスにマリファナ所持容疑をでっち上げて逮捕し、しかも保釈にも応じなかった。ミルドレッドの元夫であるチャーリーは粗野な人物であったが、そんな彼ですらも広告板の設置が引き起こすであろう事態を恐れていた。彼はミルドレッドに「アンジェラが殺される1週間前、あいつは俺と一緒に暮らしたいと言ってきたんだ」と語るのだった。一見強気なミルドレッドだったが、彼女も自責の念を抱えていた。実は事件当日、アンジェラは友人らと遊びに出かけるのに車を貸して欲しいと頼んだが、娘の素行の悪さに頭を悩ませていたミルドレッドはそれを断った。やがて激しい口論となり、「暗い夜道を歩いてレイプされたらどうするの?」と言うアンジェラに「レイプされればいい」と返答してしまった。そんな中、ミルドレッドは歯の治療に行く。その歯医者はウィロビーと親しい友人だったため彼女に報復しようとするが、逆にドリルで負傷させられる。歯医者は「私はミルドレッドに襲撃された、訴えてやる」と騒ぎ始めたので、ウィロビーが彼女を尋問することになったが、「何もしていない」の一点張りだった。尋問中、ウィロビーは突然吐血し、そのまま病院へと搬送されていった。自分の死期が近いと悟ったウィロビーは、退院後に妻と2人の娘と過ごす1日を設け、楽しい思い出を作った後に自殺した。ウィロビーの死が町中に知れ渡ると、「ミルドレッドが広告板を設置しなければ、署長はもっと長生きしていたはずだ」という風評が流れた。ミルドレッド一家を人殺し同然だと思い込んだ町の人々は、彼女たちに一層陰湿な嫌がらせを行うようになった。ついには、ミルドレッドが職場で見知らぬ男性客から恐喝されるに至った。ウィロビーの死に憤慨したのはディクソンも同じだった。ディクソンはレッドが経営する広告代理店に押し入り、レッドとそのアシスタントを暴行し、レッドを2階の窓から突き落とした。ディクソンの一連の暴挙はウィロビーの後任であるアバークロンビー署長に目撃されていた。アバークロンビーは権力を乱用するディクソンを直ちに解雇した。その夜、ミルドレッドとロビーは帰宅中に3枚の広告板が燃え上がっているのを目撃した。2人は懸命に消火活動に当たったが、広告はほとんど燃え尽きてしまった。警察署ではディクソンはウィロビーから届いた最期の手紙を読んでいた。そこには「お前が犯罪捜査の第一線で活躍したいと願っていると知ってから、何とか助けになってやりたいと思っていた。しかし、病のためにそれも叶わなくなってしまった。お前の欠点はすぐにキレることだ。警察官に最も必要なのは愛だ。そうすれば、もっと良い警察官になれる。ゲイだとバカにする奴がいたら、同性愛差別で逮捕しろ。」と書いてあった。改心したディクソンはそれまでいい加減にやっていたアンジェラの事件の捜査に本気で取り組もうと決心したが、そこで思わぬ事態が発生した。広告板は警察に放火されたと考えたミルドレッドは報復のため火炎瓶で警察署に放火した。署内で音楽を聴きながらウィロビーの手紙を読んでいたディクソンは放火に気が付かず逃げ遅れたが、大火傷を負いながらもアンジェラの事件の資料が燃えるのを守った。偶然その場を通りすがったミルドレッドの友人のジェームズはディクソンを救助し、警察にはミルドレッドが放火犯だと察しつつも「彼女は自分と一緒にいた、火事とは関係ない」と証言した。大火傷を負ったディクソンが入院すると自分が暴行したレッドと同室だった。ディクソンは顔が包帯で隠れていたため当初は気づかれなかったのだが、レッドの優しい対応を受けるうちに涙を流し、「窓から突き落として悪かった」と謝罪した。レッドは相手がディクソンだと気づき驚きはしたが、糾弾することなくオレンジジュースを差し出した。一方、ミルドレッドのもとにはウィロビーからの最期の手紙が届いていた。内容は「自分が自殺するのと広告板は関係ない。君の気持ちはわかるが、警察にもどうしようもない事件というのは存在する。憎しみだけで生きないでほしい。」というものだった。更に彼は広告板の維持費として彼女に5000ドルを贈っていた。焼けた広告板は予備の張り紙を使用することで再掲され、ウィロビーが死んでも広告のメッセージは変更しなかった。放火の際に助けられたジェームズに恩義を感じていたミルドレッドは彼と食事に行くが、同じレストランに元夫のチャーリーが現れる。ジェームズが席を外している間にチャーリーは、広告板は酔った勢いで自分が燃やしてしまったと告白する。チャーリーに憤慨するミルドレッドはジェームズに八つ当たりのような接し方となってしまい、ジェームズは「俺は苦しんでる君を支えたかっただけなのに」と帰ってしまった。ジェームズを傷つけてしまったミルドレッドはチャーリーを責めることなくワインを贈り、その場を去った。退院したディクソンがバーで酒を飲んでいると後ろの席で男が話していた。彼は以前ミルドレッドの店に現れ恐喝した男だった。会話の内容は9か月前に女性をレイプして焼き殺したことを自慢気に語るものだった。ディクソンはその男がアンジェラを殺した犯人だと推測し、車のナンバーから住所がアイダホ州であることを確認すると、ひどい暴行を受けながらも相手の皮膚を爪でかきむしり、DNAを採取することに成功した。ディクソンはミルドレッドに男のことを話し、二人は和解した。ところが、DNA鑑定の結果その男はアンジェラの事件とは関係がなく、アンジェラが殺された時期には軍の任務でアメリカを離れてある砂漠の国にいたという強力なアリバイもあった。ディクソンとミルドレッドは落胆するが、ディクソンはその男は事件と関係がなくても、レイプ犯であることは間違いないためアイダホに行くと言うと、ミルトレッドも同行することを決意する。ミルドレッドは息子に、ディクソンは母親に別れを告げ、アイダホへ向かう。ミルドレッドが警察署に放火したのは自分だと告白すると、驚きもせず「あんた以外に誰がいる?」とあっさり返された。道中、男を殺すことについてどう思うかについて「道々、決めていこう」と語り、物語は幕を閉じる。

参考:【五等分の花嫁】3話

 

キャスト

フランシス・マクドーマンドミル:ドレッド・ヘイズ
ウディ・ハレルソン:ウィロビー
サム・ロックウェル:ディクソン
アビー・コーニッシュ:アン
ジョン・ホークス:チャーリー
ピーター・ディンクレイジ:ジェームズ
ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ:レッド
ルーカス・ヘッジズ:ロビー・ヘイズ
ケリー・コンドン:パメラ
ダレル・ブリット=ギブソン
ジェリコ・イヴァネク
キャスリン・ニュートン:アンジェラ・ヘイズ
サマラ・ウィーヴィング:ペネロープ
クラーク・ピータース
サンディ・マーティン:ディクソンの母
アマンダ・ウォーレン
マラヤ・リヴェラ・ドリュー
ブレンダン・セクストン三世
ジェリー・ウィンセット

 

作品情報

タイトル スリー・ビルボード
原題 THREE BILLBOARDS OUTSIDE EBBING, MISSOURI
製作年度 2017年
上映時間 116分
製作国
イギリス,アメリカ
ジャンル
ドラマ
サスペンス
コメディ
監督
マーティン・マクドナー
製作総指揮
バーゲン・スワンソン
ダーモット・マキヨン
ローズ・ガーネット
デヴィッド・コス
ダニエル・バトセク
脚本
マーティン・マクドナー
音楽
カーター・バーウェル


映画『全員死刑』あらすじ、作品情報

あらすじ

借金を抱えたヤクザテツジとヒステリックな母親・ナオミという両親に囲まれたタカノリは、家族を借金苦から救うため、資産家・吉田一家を襲撃し、財産を奪う計画
タカノリはサトシとともに、吉田一家の息子を殺害してしまう。
タカノリ一家はエスカレートして全員で共謀し、吉田一家が溜め込んだ金を狙って、母親やもうひとりの息子、その友人も「家族愛」を合言葉に殺害

キャスト

タカノリ (首塚家次男) – 間宮祥太朗
テツジ (首塚家父) – 六平直政
ナオミ (首塚家母) – 入絵加奈子
サトシ (首塚家長男) – 毎熊克哉
カオリ (タカノリの彼女) – 清水葉月
パトラ (吉田家母) – 鳥居みゆき
カツユキ (吉田家長男) – 落合モトキ
ショウジ (吉田家次男) – 藤原季節
オカダハルキ (カツユキの友人) – 松田陸
ハルカ (サトシの彼女) – 護あさな
ドロちゃん (タカノリの友人) ‐ 中村祐太郎
ケンちゃん (タカノリの友人) – 一ノ瀬ワタル

作品情報

タイトル:全員死刑
製作年度:2017年
上映時間:98分
製作国:日本
ジャンル:サスペンス
ドラマ
監督:小林勇貴
原作:鈴木智彦
脚本:小林勇貴
継田淳
音楽:中川孝


映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』あらすじ、作品情報

あらすじ

ハリー・ポッターは唯一の身寄りであるダーズリー家へ帰省していた。
ホグワーツ魔法魔術学校での生活を中断されていたハリーのもとに、ドビーと名乗る屋敷しもべ妖精が現れる。
ドビーはハリーに「ホグワーツに戻ってはならない」と警告
ハリーの前でドビーは、ケーキに浮遊術の魔法をかけて来客者の頭上で落下させる。
マグルの前で魔法を使ってしまったこととなったハリーに対し、規定に違反したとして魔法省は警告
ダーズリー一家の怒りに触れたハリーは部屋に閉じこめられたばかりか、部屋に監禁されたハリーは、ロン・ウィーズリー、フレッド・ウィーズリー、ジョージ・ウィーズリー達に空飛ぶフォード・アングリアで救出され、ウィーズリー家へと向かった。
ウィーズリー家の暖炉から、ダイアゴン横丁へ向かおうとするが、ハリーは発音が失敗し、「夜の闇(ノクターン)横丁」へ迷い込む。
ルビウス・ハグリッドが現れて救出され、ダイアゴン横丁で親友のハーマイオニー・グレンジャーとも再会
ギルデロイ・ロックハートのサイン会が行われていて、ロックハートはハリーを見つけては彼と一緒に日刊予言者新聞の記者に写真を撮ら
スリザリン生のドラコ・マルフォイとその父親、ルシウス・マルフォイと出会い、ロンの父親のアーサーとルシウスは殴り合いの喧嘩に発展
ハグリッドに制止される
キングズ・クロス駅の9と3/4番線へ繋がる壁を何故か通り抜けられず、壁にカートごと激突・転倒したハリーとロン
ホグワーツ特急に乗り遅れたためにアーサーが魔法をかけた空飛ぶフォード・アングリアでホグワーツへ向かった。
管理人アーガス・フィルチの猫であるミセス・ノリスが石になる事件
ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は、ドラコ・マルフォイが「スリザリンの継承者」ではないかと考え、ポリジュース薬を使ってマルフォイから話を聞きだそうと計画する。
「秘密の部屋」の話題でもちきりになっていたある日、ロックハートの提案で「決闘クラブ」が開催される。
城内ではハリーが「継承者」ではないかという噂が広まる
ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人はクリスマス休暇を利用してマルフォイに探りを入れたが、マルフォイが「継承者」ではないことが判明
クリスマス休暇が明けたある日、ハリーは3階の女子トイレで黒く古い日記帳を見つける。その日記帳にはT・M・リドルの記憶が残されていて、その記憶を見たハリーは「秘密の部屋」事件の概要を知る。
グリフィンドールの談話室が荒らされ、何者かに日記を盗まれてしまい、さらに出場予定だった対ハッフルパフ戦のクィディッチの試合が中止となり、ハーマイオニーと別の女子生徒が襲われる事件が発生

 

登場人物

ハリー・ポッター ダニエル・ラドクリフ
ロン・ウィーズリー ルパート・グリント
ハーマイオニー・グレンジャー エマ・ワトソン
アルバス・ダンブルドア リチャード・ハリス
ミネルバ・マクゴナガル マギー・スミス
ルビウス・ハグリッド ロビー・コルトレーン
学生時 マーティン・ベイフィールド
セブルス・スネイプ アラン・リックマン
ギルデロイ・ロックハート ケネス・ブラナー
ドビーの声 トビー・ジョーンズ
ドラコ・マルフォイ トム・フェルトン
ネビル・ロングボトム マシュー・ルイス
ジニー・ウィーズリー ボニー・ライト
ポモーナ・スプラウト ミリアム・マーゴリーズ
フィリウス・フリットウィック ワーウィック・デイヴィス
アーガス・フィルチ デイビッド・ブラッドリー
マダム・ポンフリー ジェンマ・ジョーンズ
マダム・ピンス サリー・モルトモア
バーノン・ダーズリー リチャード・グリフィス
ペチュニア・ダーズリー フィオナ・ショウ
ダドリー・ダーズリー ハリー・メリング
モリー・ウィーズリー ジュリー・ウォルターズ
アーサー・ウィーズリー マーク・ウィリアムズ行
フレッド・ウィーズリー ジェームズ・フェルプス
ジョージ・ウィーズリー オリバー・フェルプス
オリバー・ウッド ショーン・ビガースタッフ
ビンセント・クラッブ ジェイミー・ウェイレット
グレゴリー・ゴイル ジョシュア・ハードマン
シェーマス・フィネガン デヴォン・マーレイ
ディーン・トーマス アルフレッド・イーノック
パーシー・ウィーズリー クリス・ランキン
リー・ジョーダン ルーク・ヤングブラッド
ケイティ・ベル エミリー・デイル
アンジェリーナ・ジョンソン ダニエル・テイラー
ラベンダー・ブラウン キャスリーン・コーリー
コリン・クリービー ヒュー・ミッチェル
マーカス・フリント ジェイミー・イェイツ
ジャスティン・フィンチ=フレッチリー エドワード・ランデル
スーザン・ボーンズ エレノア・コロンバス
ペネロピー・クリアウォーター ジェンマ・パドリー
アーニー・マクミラン ルイス・ドイル
ハンナ・アボット Charlotte Skeoch
ほとんど首無しニック ジョン・クリーズ
嘆きのマートル シャーリー・ヘンダーソン
コーネリウス・ファッジ ロバート・ハーディ
グレンジャー氏 トム・ナイト
グレンジャー夫人 ヘザーブリーズデール
メーソン氏 ジム・ノートン
メーソン夫人 ヴェロニカ・クリフォード
キングス・クロス駅の駅員 ハリー・テイラー
ボージン(未公開シーン) エド・チューダー=ポール
アーマンド・ディペット アルフレッド・バーク
アラゴグの声 ジュリアン・グローヴァー
組分け帽子の声 レスリー・フィリップス
ジェームズ・ポッター エイドリアン・ローリンズ
リリー・ポッター ジェラルディン・ソマーヴィル
ルシウス・マルフォイ ジェイソン・アイザックス
トム・マールヴォロ・リドル クリスチャン・コールソン

 

作品情報

タイトル:ハリー・ポッターと秘密の部屋
原題:HARRY POTTER AND THE CHAMBER OF SECRETS
製作年度:2002年
上映時間:161分
製作国:アメリカ
ジャンル:ファンタジー
アドベンチャー
監督:クリス・コロンバス
製作総指揮:マイケル・バーナサン
デヴィッド・バロン
クリス・コロンバス
マーク・ラドクリフ
原作:J・K・ローリング
脚本:スティーヴ・クローヴス
音楽:ジョン・ウィリアムズ

参考:【ドメスティックな彼女】10話


映画『イン・ザ・ヒーロー』あらすじ、作品情報

あらすじ

スーツアクター歴25年のベテラン・本城渉は、自身が代表を務める「下落合ヒーローアクションクラブ」のメンバーとともにテレビ番組『神龍戦士ドラゴンフォー』のスーツを演じている。
本城は病院に搬送される。入院することになった本城だったが命に別条はなく、見舞いに訪れた妻子を前に、本城は退院したらすぐに仕事に戻ると意気込む。
本城は大喜びで凛子に報告して自身の役が人気若手俳優・一ノ瀬リョウに交代したことを知らされる。
『ラストブレイド』のデビューオーディションに挑んでいた一ノ瀬は、『ドラゴンフォー』の役を軽視したうえ、共演のHACメンバーらとたびたび対立する。
一ノ瀬は意気消沈し、本城にアクションの指導を願い出る。
の俳優フェン・ロンが、危険すぎるという理由で降板してしまう。
凛子からは長年の無理が祟って身体な危険な状態になっていることを理由に反対されて悩むが、ハリウッドスタッフの「日本にアクション俳優がいない」との声を聞き、決意をする。
『ドラゴンフォー』の撮影日に、一ノ瀬は自分がアクションができる俳優であることをアクションシーンのリハーサルを引き受ける。
一ノ瀬はアクションに段取りをミスし、大芝美咲が怪我をする
本城のもとに『ドラゴンフォー』の新作映画版で数年振りとなるオファーが届く。
本城はクライマックスシーンを撮影を始める。
撮影現場には『ラストブレイド』である石橋が居合わせ、い演技を責められる。
HACメンバーとの特訓でメンバーと打ち解けてアクションの実力が向上した一ノ瀬は、『ラストブレイド』のオーディションで見事なアクションシーンを披露し、
本番当日、本城の元にはHACメンバーが終結し、『ラストブレイド』に本城の切られ役として出演することを伝える。
本城は一発で撮影を完了させてスタッフたちを感動させるの場に倒れ込んでしまう。

 

作品情報

タイトル:イン・ザ・ヒーロー
製作年度:2014年
上映時間:124分
製作国:日本
ジャンル:ドラマ
アクション
監督:武正晴
脚本:水野敬也
李鳳宇
音楽:李東峻


映画『デンジャラス・ビューティー』あらすじ、作品情報

あらすじ

FBI捜査官グレイシー・ハートは優秀
皮肉屋で、色気ゼロ、オシャレにも全く関心がなく野暮ったい
イケメンの同僚エリック・マシューズとは対照的に、仕事一筋で地味な独身生活
事件の捜査でミスを犯した結果仲間が怪我してしまい、上司の命令で現場から遠ざけられ内勤を命じら
ミス・アメリカ・コンテストの主催者宛てに「シチズン」と呼ばれる連続爆弾魔から爆破予告が届く。
特捜チームは囮捜査のためコンテストに女性捜査官を潜入させる
グレイシーに白羽の矢が立つ。
コンテストを軽蔑しきっていたグレイシーに見かねたFBIは、過去に何度も優勝者を輩出している伝説の美容コンサルタント、ヴィクター・メリングを雇う。
食事のマナーから歩き方までオネエ言葉でレクチャーするヴィクターに辟易しながらも、捜査のためにつき合うグレイシー。
彼が率いる優秀な美容チームの協力も得て、見事ミス・ニュージャージーに生まれ変わった彼女は大会出場者の送迎バスに乗り込む。

 

登場人物

グレイシー・ハート/演:サンドラ・ブロック
ヴィクター・メリング/演:マイケル・ケイン
エリック・マシューズ/演:ベンジャミン・ブラット
スタン・フィールズ/演: ウィリアム・シャトナー
ハリー・マクドナルド/演:アーニー・ハドソン
キャシー・モーニングサイド/演:キャンディス・バーゲン
クロンスキー捜査官/演:ジョン・ディレスタ
シェリル【ミス・ロードアイランド】/演: ヘザー・バーンズ小島幸子
カレン【ミス・ニューヨーク】/演:メリッサ・デ・ソーサ
レズリー【ミス・カリフォルニア】/演:ウェンディ・ラクエル・ロビンソン
メアリー・ジョー【ミス・テキサス】/演: ディアドレ・クイン
アラナ【ミス・ハワイ】/演:エイシャ・デマーコス
フランク・トービン/演:スティーヴ・モンロー

 

作品情報

タイトル:デンジャラス・ビューティー
原題:MISS CONGENIALITY
製作年度:2001年
上映時間:110分
製作国:アメリカ
ジャンル:コメディ
サスペンス
監督:ドナルド・ペトリ
製作総指揮:ブルース・バーマン
マーク・ローレンス
ジンジャー・スレッジ
脚本:マーク・ローレンス
ケイティ・フォード
カリン・ルーカス
音楽:エド・シェアマー

 

《参考》【魔法少女特殊戦あすか】8話


アニメ『エロマンガ先生』感想・ネタバレ

『エロマンガ先生』は伏見つかささんによるライトノベルで、現在(2018年3月)までに9巻が発刊されています。

アニメ『エロマンガ先生』作品情報

高校生兼ラノベ作家の和泉正宗には、引きこもりの妹がいる。和泉紗霧。一年前に妹になった彼女は、全く部屋から出てこない。
そんなある日、衝撃の事実が正宗を襲う。彼の小説のイラストを描いてくれているイラストレーター『エロマンガ先生』、その正体が、なんと妹の紗霧だったのだ!
一つ屋根の下でずっと引きこもっている可愛い妹が、いかがわしいPNで、えっちなイラストを描いていたなんて!?
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』をしのぐ魅力的なキャラクターが多数登場!
ライトノベル作家の兄と、イラストレーターの妹が織り成す、業界ドタバタコメディ!

 

アニメ『エロマンガ先生』登場人物

和泉 正宗(いずみ まさむね)

声:松岡禎丞

物語の主人公。高校1年生で和泉マサムネ名義でラノベを書いている兼業作家。

和泉 紗霧(いずみ さぎり)

声:藤田茜

政宗の義理の妹。イラストレータ。エロマンガ先生名義で政宗の著書『転生の銀狼』にイラストを書いている。

山田 エルフ(やまだ エルフ)

声 :高橋未奈美

和泉家の隣に引っ越してきた超人気作家。

千寿 ムラマサ(せんじゅ ムラマサ)

声:大西沙織

正宗より一つ年下の先輩作家。政宗の小説の大ファン。

神野 めぐみ(じんの めぐみ)

声:木戸衣吹

紗霧のクラスメイト。人間関係を構築することに生きがいを感じている。

高砂 智恵(たかさご ともえ)

声:石川由依

正宗の同級生。実家が「たかさご書店」を経営している。

 

アニメ『エロマンガ先生』見どころ

主人公、和泉 正宗はやたらめったらモテまくります。
血の繋がりのない可愛い妹、紗霧と、一つ屋根の下で二人暮らしをして、その妹が描くイラストは全部エロいギャップ萌えがたのしめます。
アニメ『エロマンガ先生』は、妄想男子たちの願望叶えてくれる作品です。
アニメの中で見れるエロシーンも穏やかです。
『激エロ』ではなく『微エロ』シーンが多いですね。
紗霧が一番人気かと思いますが、僕はムラマサが好きですね。
和服姿のギャップが萌えます。
エルフのフリフリも可愛いです。
水着になった時の意外な巨乳も驚きました。
紗霧ちゃんは、やっぱり貧乳具合が可愛かったです。