2019年01月一覧

映画『全員死刑』あらすじ、作品情報

あらすじ

借金を抱えたヤクザテツジとヒステリックな母親・ナオミという両親に囲まれたタカノリは、家族を借金苦から救うため、資産家・吉田一家を襲撃し、財産を奪う計画
タカノリはサトシとともに、吉田一家の息子を殺害してしまう。
タカノリ一家はエスカレートして全員で共謀し、吉田一家が溜め込んだ金を狙って、母親やもうひとりの息子、その友人も「家族愛」を合言葉に殺害

キャスト

タカノリ (首塚家次男) – 間宮祥太朗
テツジ (首塚家父) – 六平直政
ナオミ (首塚家母) – 入絵加奈子
サトシ (首塚家長男) – 毎熊克哉
カオリ (タカノリの彼女) – 清水葉月
パトラ (吉田家母) – 鳥居みゆき
カツユキ (吉田家長男) – 落合モトキ
ショウジ (吉田家次男) – 藤原季節
オカダハルキ (カツユキの友人) – 松田陸
ハルカ (サトシの彼女) – 護あさな
ドロちゃん (タカノリの友人) ‐ 中村祐太郎
ケンちゃん (タカノリの友人) – 一ノ瀬ワタル

作品情報

タイトル:全員死刑
製作年度:2017年
上映時間:98分
製作国:日本
ジャンル:サスペンス
ドラマ
監督:小林勇貴
原作:鈴木智彦
脚本:小林勇貴
継田淳
音楽:中川孝


映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』あらすじ、作品情報

あらすじ

ハリー・ポッターは唯一の身寄りであるダーズリー家へ帰省していた。
ホグワーツ魔法魔術学校での生活を中断されていたハリーのもとに、ドビーと名乗る屋敷しもべ妖精が現れる。
ドビーはハリーに「ホグワーツに戻ってはならない」と警告
ハリーの前でドビーは、ケーキに浮遊術の魔法をかけて来客者の頭上で落下させる。
マグルの前で魔法を使ってしまったこととなったハリーに対し、規定に違反したとして魔法省は警告
ダーズリー一家の怒りに触れたハリーは部屋に閉じこめられたばかりか、部屋に監禁されたハリーは、ロン・ウィーズリー、フレッド・ウィーズリー、ジョージ・ウィーズリー達に空飛ぶフォード・アングリアで救出され、ウィーズリー家へと向かった。
ウィーズリー家の暖炉から、ダイアゴン横丁へ向かおうとするが、ハリーは発音が失敗し、「夜の闇(ノクターン)横丁」へ迷い込む。
ルビウス・ハグリッドが現れて救出され、ダイアゴン横丁で親友のハーマイオニー・グレンジャーとも再会
ギルデロイ・ロックハートのサイン会が行われていて、ロックハートはハリーを見つけては彼と一緒に日刊予言者新聞の記者に写真を撮ら
スリザリン生のドラコ・マルフォイとその父親、ルシウス・マルフォイと出会い、ロンの父親のアーサーとルシウスは殴り合いの喧嘩に発展
ハグリッドに制止される
キングズ・クロス駅の9と3/4番線へ繋がる壁を何故か通り抜けられず、壁にカートごと激突・転倒したハリーとロン
ホグワーツ特急に乗り遅れたためにアーサーが魔法をかけた空飛ぶフォード・アングリアでホグワーツへ向かった。
管理人アーガス・フィルチの猫であるミセス・ノリスが石になる事件
ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は、ドラコ・マルフォイが「スリザリンの継承者」ではないかと考え、ポリジュース薬を使ってマルフォイから話を聞きだそうと計画する。
「秘密の部屋」の話題でもちきりになっていたある日、ロックハートの提案で「決闘クラブ」が開催される。
城内ではハリーが「継承者」ではないかという噂が広まる
ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人はクリスマス休暇を利用してマルフォイに探りを入れたが、マルフォイが「継承者」ではないことが判明
クリスマス休暇が明けたある日、ハリーは3階の女子トイレで黒く古い日記帳を見つける。その日記帳にはT・M・リドルの記憶が残されていて、その記憶を見たハリーは「秘密の部屋」事件の概要を知る。
グリフィンドールの談話室が荒らされ、何者かに日記を盗まれてしまい、さらに出場予定だった対ハッフルパフ戦のクィディッチの試合が中止となり、ハーマイオニーと別の女子生徒が襲われる事件が発生

登場人物

ハリー・ポッター ダニエル・ラドクリフ
ロン・ウィーズリー ルパート・グリント
ハーマイオニー・グレンジャー エマ・ワトソン
アルバス・ダンブルドア リチャード・ハリス
ミネルバ・マクゴナガル マギー・スミス
ルビウス・ハグリッド ロビー・コルトレーン
学生時 マーティン・ベイフィールド
セブルス・スネイプ アラン・リックマン
ギルデロイ・ロックハート ケネス・ブラナー
ドビーの声 トビー・ジョーンズ
ドラコ・マルフォイ トム・フェルトン
ネビル・ロングボトム マシュー・ルイス
ジニー・ウィーズリー ボニー・ライト
ポモーナ・スプラウト ミリアム・マーゴリーズ
フィリウス・フリットウィック ワーウィック・デイヴィス
アーガス・フィルチ デイビッド・ブラッドリー
マダム・ポンフリー ジェンマ・ジョーンズ
マダム・ピンス サリー・モルトモア
バーノン・ダーズリー リチャード・グリフィス
ペチュニア・ダーズリー フィオナ・ショウ
ダドリー・ダーズリー ハリー・メリング
モリー・ウィーズリー ジュリー・ウォルターズ
アーサー・ウィーズリー マーク・ウィリアムズ行
フレッド・ウィーズリー ジェームズ・フェルプス
ジョージ・ウィーズリー オリバー・フェルプス
オリバー・ウッド ショーン・ビガースタッフ
ビンセント・クラッブ ジェイミー・ウェイレット
グレゴリー・ゴイル ジョシュア・ハードマン
シェーマス・フィネガン デヴォン・マーレイ
ディーン・トーマス アルフレッド・イーノック
パーシー・ウィーズリー クリス・ランキン
リー・ジョーダン ルーク・ヤングブラッド
ケイティ・ベル エミリー・デイル
アンジェリーナ・ジョンソン ダニエル・テイラー
ラベンダー・ブラウン キャスリーン・コーリー
コリン・クリービー ヒュー・ミッチェル
マーカス・フリント ジェイミー・イェイツ
ジャスティン・フィンチ=フレッチリー エドワード・ランデル
スーザン・ボーンズ エレノア・コロンバス
ペネロピー・クリアウォーター ジェンマ・パドリー
アーニー・マクミラン ルイス・ドイル
ハンナ・アボット Charlotte Skeoch
ほとんど首無しニック ジョン・クリーズ
嘆きのマートル シャーリー・ヘンダーソン
コーネリウス・ファッジ ロバート・ハーディ
グレンジャー氏 トム・ナイト
グレンジャー夫人 ヘザーブリーズデール
メーソン氏 ジム・ノートン
メーソン夫人 ヴェロニカ・クリフォード
キングス・クロス駅の駅員 ハリー・テイラー
ボージン(未公開シーン) エド・チューダー=ポール
アーマンド・ディペット アルフレッド・バーク
アラゴグの声 ジュリアン・グローヴァー
組分け帽子の声 レスリー・フィリップス
ジェームズ・ポッター エイドリアン・ローリンズ
リリー・ポッター ジェラルディン・ソマーヴィル
ルシウス・マルフォイ ジェイソン・アイザックス
トム・マールヴォロ・リドル クリスチャン・コールソン

作品情報

タイトル:ハリー・ポッターと秘密の部屋
原題:HARRY POTTER AND THE CHAMBER OF SECRETS
製作年度:2002年
上映時間:161分
製作国:アメリカ
ジャンル:ファンタジー
アドベンチャー
監督:クリス・コロンバス
製作総指揮:マイケル・バーナサン
デヴィッド・バロン
クリス・コロンバス
マーク・ラドクリフ
原作:J・K・ローリング
脚本:スティーヴ・クローヴス
音楽:ジョン・ウィリアムズ

参考サイト


映画『イン・ザ・ヒーロー』あらすじ、作品情報

あらすじ

スーツアクター歴25年のベテラン・本城渉は、自身が代表を務める「下落合ヒーローアクションクラブ」のメンバーとともにテレビ番組『神龍戦士ドラゴンフォー』のスーツを演じている。
本城は病院に搬送される。入院することになった本城だったが命に別条はなく、見舞いに訪れた妻子を前に、本城は退院したらすぐに仕事に戻ると意気込む。
本城は大喜びで凛子に報告して自身の役が人気若手俳優・一ノ瀬リョウに交代したことを知らされる。
『ラストブレイド』のデビューオーディションに挑んでいた一ノ瀬は、『ドラゴンフォー』の役を軽視したうえ、共演のHACメンバーらとたびたび対立する。
一ノ瀬は意気消沈し、本城にアクションの指導を願い出る。
の俳優フェン・ロンが、危険すぎるという理由で降板してしまう。
凛子からは長年の無理が祟って身体な危険な状態になっていることを理由に反対されて悩むが、ハリウッドスタッフの「日本にアクション俳優がいない」との声を聞き、決意をする。
『ドラゴンフォー』の撮影日に、一ノ瀬は自分がアクションができる俳優であることをアクションシーンのリハーサルを引き受ける。
一ノ瀬はアクションに段取りをミスし、大芝美咲が怪我をする
本城のもとに『ドラゴンフォー』の新作映画版で数年振りとなるオファーが届く。
本城はクライマックスシーンを撮影を始める。
撮影現場には『ラストブレイド』である石橋が居合わせ、い演技を責められる。
HACメンバーとの特訓でメンバーと打ち解けてアクションの実力が向上した一ノ瀬は、『ラストブレイド』のオーディションで見事なアクションシーンを披露し、
本番当日、本城の元にはHACメンバーが終結し、『ラストブレイド』に本城の切られ役として出演することを伝える。
本城は一発で撮影を完了させてスタッフたちを感動させるの場に倒れ込んでしまう。

作品情報

タイトル:イン・ザ・ヒーロー
製作年度:2014年
上映時間:124分
製作国:日本
ジャンル:ドラマ
アクション
監督:武正晴
脚本:水野敬也
李鳳宇
音楽:李東峻